FC2ブログ

移転しました 

こちらへどうぞ

スポンサーサイト



ダイオライト記念 前日予想 

2400mの距離や条件戦を勝ち上がって来た4歳馬の参戦など全く未知の要素を予測する競馬の楽しさが目いっぱい詰まったレースですね。

◎ サイレントディール

近走逃げた馬は何頭か居ますが、決してそれ専門の馬達ではないので放っておけば距離のこともありスローは確実です。あまり遅くなればどの馬にもチャンスがまわってきてしまいますので、武騎手は当然早目に動くでしょう。残り4Fはこの馬がたれなければおそらく全て12秒台でまとめてくると思います。そうなれば瞬発力偏重型と思われる馬達には苦しい展開となり勝負になる馬は限られてきます。ムラなタイプであまりアテにできませんが、今回も前走同様にかなり恵まれていると思います。生まれて初めての連勝があっても不思議ではないでしょう。

○ マズルブラスト

前走の金杯はスローの展開で瞬発力を問われるレースでした。この馬にはそういう脚が全くないので5着に敗れたのは当然です。今回はサイレントディールが作るレースですから終いの脚が問われるようなことはないでしょう。心配なのはあまりにつらいペースになった時と騎手でしょうか。このレースに向いていると思います、チャンスがあるのではないでしょうか。

× クーリンガー

ペースが厳しければ厳しいほどよさそうな馬ですね。4歳勢の中から強い馬が現れて予想外の好タイム決着とでもならなければ十分圏内でしょう。

× キクノアロー

前走の北山Sは強い勝ち方でしたがハマったのではないでしょうか。今回は前々走2着に敗れた雅Sのようなレースになると思います。持続力を問われるレースではそれほど高いパフォーマンスを見せているわけではなく、正直ちょっと買いづらい馬です。恐らくかかるでしょうし、初の地方の馬場も不安です。しかしここまで安定して走っているのと、500kgを超える馬ですので、中央の馬場よりも地方の馬場でパフォーマンスを上げてくる可能性もあるかと思います。パドックで要チェックですね。

弥生賞 回顧 

久しぶりに関東地上波のパドック中継を見てみました。相変わらずGⅠ以外は全く使い物になりませんね。中山の場合カメラの位置が高いのでスタンド側を歩いている馬は上から覗き込むようなアングルですし、第一時間が短いので人気二頭以外は10秒も見ることができませんでした。残念ながらパドック派にとってはグリーンch以外に選択肢がないようです、まあそのグリーンchにしたって満足のいくものではありませんが。

レースの方ですが、3着までの馬達の仕掛けはなかなか見事でしたね。トライアル的な乗り方というよりはこのレースに勝つためのレースをしていたように思います。アドマイヤオーラは早めに動いたサムライタイガースを捕まえにいくような競馬で、ここ二戦の瞬発力だけの競馬とはちょっと違うレース振り。道中アドマイヤオーラをマークしていたドリームジャーニーはワンテンポ遅らせての仕掛け。直線進路を失ったのはもったいないですね。ココナッツパンチは多少馬を動かすのに苦労していた感がありますが、デビュー2戦目にしては、ハマった感があるにせよ、能力の高さを見せてくれました。新馬のパドックで5本脚で歩いていたのが嘘のようですな。サムライタイガースは随分強気に乗っていましたね。この馬は先行して押し切るよりも、先行して瞬発力を活かすタイプの馬だと思います。タスカータソルテはサムライタイガースのような競馬ができればよかったのですが。今年の牡馬クラシック路線のキーワードは”変なレース”でしょうか。これは相当面倒ですよ、本番の予想をするのは。

弥生賞 前日予想 

◎アドマイヤオーラ

岩田騎手がどう出ますかね。せっかくのトライアルなので思い切って早めに動いて底力が問われるようなレースにしてくれたら面倒なことなくアドマイヤオーラの適正を計ることができて楽できるんですけども・・・。ダイワスカーレットに中京千八で負けて京都千六で勝ったというのを考えると中山どうなのよ思うわけですが、多少の差し損ねはありそうでも能力そのものがこのメンバーでは明らかに上位でしょう。例え本番並の能力や適正が問われるレースになったとしても他にそういうものを持った馬も見当たらないし、どうですかね、いいんじゃないですかね。

○ドリームジャーニー

出遅れ・・・ですか。まあ計算に入れといた方が良いでしょう。厳しい流れになったら限りなく怪しいと思いますが、岩田騎手がいくら頑張っても前半はどうしても緩いでしょうし、そもそも上がりの競馬になったらこの馬が圏内から消えるというのはちょっと考えづらいです。出遅れて最後方からの競馬でもスローになって先頭までの距離が近ければこの馬の瞬発力で十分届くでしょう。

▲タスカータソルテ

楽な流れの競馬になったら全くいらなそうですね。ここ二戦を見ると斬れる脚がなさそうなことは陣営も良くわかってそうなので、ここは思い切って岩田騎手が自分の馬に合った流れを作り出そうとするのでは。そうなったとしても足らないような気もしますが。何かが差し損ねるなんてのを期待して。

14回 川崎 簡単に回顧 

ようやく川崎開催も終わりホッと一息。エンプレス杯でトウセンジョウオーの勝利や一ノ瀬騎手の1000勝などいつもよりは楽しめた開催ではありました。ちょっとメモ代わりに目に付いた勝ち方をした馬を書いておくことにします。川崎では地獄を見ることが多いので次開催でこの馬達を頼りにしのぐことが目的です(苦)


2日目8Rアメジストフラワー賞のエスプリビルとコウノピロニール

クラス不相応なマッチレースとなってもったいなかったですね。1.35.0のタイムは最終日のC1特別が1.35.6ですからなかなか。3歳馬ですからちょっと楽しみな2頭です。エスプリビルの母ケイエフキセキはガンガディーンと兄弟ですね、他に近いところではレガシーワールドなんかもいます。

2日目9Rきさらぎ特別A2下 アスターバジル
ゆりかもめオープンでフジノウェーブとタイム差なしの2着だった馬。勝ちタイムは平凡ですがかなり押さえ込んで直線だけの競馬。おそらくあまり斬れるタイプではないと思うのでこういうレースは向かないと思います。既に黒潮盃を勝っているのでいまさらどうこうではないのですが一応。母のスーパーハナコは青雲賞馬テイオーカンと兄弟です。

4日目6R C2(十)(九)(11) シルバーパラダイス

これでデビュー後5戦4勝、際立ったタイムや上がりがあるわけではないのですが、楽に勝ちすぎてよくわからないですね。まだしばらくは大丈夫ではないでしょうか。祖祖母のフローラーモアーはカツラノハイセイコと兄弟で、シナノジョージとも近親です。

4日目10RC2(十)(九)(11) ファストインパルス

これは圧倒的でした。同日メインのB2B3JRA交流と同じタイム1.42.9ですから、千切られた馬達はたまったものじゃありません。中央未勝利で川崎に転入してきたのですがまたすぐに戻るのでしょうか。