FC2ブログ

きさらぎ賞 雑感 

なにか去年の京都新聞杯を思い出させるようなレースでした。あの時は安藤さんと福永騎手がお互いをマークするあまりに藤田騎手にしてやられてましたよね。今回はオーシャンエイプスを巡って三竦みのような感じでアサクサキングスに決定的なリードを許してしまいました。武豊騎手はさすがに最初に動いて捕まえに行きましたが、こういうレースはデビュー2戦目の馬には難しいでしょう。オーシャンエイプスのパドック、騒がれているほどの素質を感じさせるものではありませんでした。予想の段階から春のクラシック路線で勝負になるのはここだけと考えていただけにちょっと残念な結果です。

パドックであまりの良さに感激したのがナムラマース。こういう感じに体重が増えてくるのは良い傾向です。上がりに33.9の脚を使っているとは言えやはり切れるタイプではないと思います。それだけに今回のレース運びが悔やまれますが、こういうタイプは厳しい流れの本番でこそ力を発揮できるはずです。

サムライタイガースは馬名が少し微妙な感じであまり馬券の対象にしにくいのですが、パドックではかなり目につきました。走りそうな馬体のように思えます。この馬にとっては未勝利を勝ったレースと似たようなレース運びになって力を発揮できたのではないでしょうか。この馬の血統からこういうタイプが出てくるという感じが全くしないのですが血統派の方達はこの馬についてどんな見解を持っているのでしょう。

アサクサキングスはパドックでそれほど目に付くタイプではなくまた見栄えもそこそこの印象でした。他に逃げ馬がいたり周りに馬がいればもうちょっと走ると思います。
基本的にこのレースはノーカウントというか、かなりアホなレ-スになってしまったのでタイムの遅さや上がりの微妙なところもあまり考える必要はないと思います。こういうレースが後になって悩みの種になるのでしょうけど・・・。


スポンサーサイト



佐賀記念 栄光まであと133m 

レース直前にクーリンガーが単勝2.8倍で一番人気に押し出されましたが、それまでは中央馬4頭が3倍台で並ぶ混戦模様でした。

1着 サイレントディール

スタートであまり行脚が付きませんでしたが、1周目スタンド前で池添騎手がドスローにペースを落とした所を捲り、「あと950m」付近で先頭へ。その後はペースを緩めることなく逃げ、クーリンガーを1/2馬身凌いで約1年半ぶりの栄光に輝きました。
パドックでは-11kgということもあり本当に良く仕上げられているという印象。元々捲り体質なので、力の要る馬場と小回りのコース、それと豊マジックとすべてがうまくいったように思います。一応レコードではありますが、これは武騎手がそのようなレースにしたからであってこの馬の能力が歴代勝馬よりも優れているということではないでしょう。

2着 クーリンガー

とてもこの馬らしい2着ではないでしょうか。この条件で走らせたらまだまだ十分力を発揮してくれますね。パドックでは変わらず良い状態、この馬は芦毛のくせに大型馬とどんなに目をほそ~くして見ても太めに見えてしまうので縦の比較が大事ですね。

3着 キングスゾーン

交流重賞を武者修行してきたことで実った3着。やはり厳しいレースを経験しているのとそうでないのとでは雲泥の差があります。6馬身離されましたがかなり強い内容の3着だと思います。

6着 ナムラハンニバル

こちらは厳しいレースが仇となってしまいましたか。馬体を見る限りキングスゾーンあたりと同等のものを持っていると思います。佐賀と荒尾の希望の星と言われる存在なのですから、積極的に遠征をして交流重賞に挑戦して欲しいと思います。

マイネルボウノットとバンブーエールはもう少し時間がかかりそうですね。

武騎手ってほとんど持ったまま捲りますよね。あれはどうしてなのでしょう。他の騎手が捲る時は馬の首がもげるほど必死に追うのですが、武騎手の場合手首から先だけでトップスピードまで持っていっているように見えます。技術の差なのかそれともスタイルの違いなのか、マザー牧場で草をむしってあげたことくらいしか馬と接点のない私には到底わかりません。ゴールに向かっての仕掛けでは首を押して追っているので使い分ける意味のあるものなんでしょうね、武豊TVにFAXでもして聞いてみますかね。