FC2ブログ

月別アーカイブ

 2007年03月 

弥生賞 回顧 

久しぶりに関東地上波のパドック中継を見てみました。相変わらずGⅠ以外は全く使い物になりませんね。中山の場合カメラの位置が高いのでスタンド側を歩いている馬は上から覗き込むようなアングルですし、第一時間が短いので人気二頭以外は10秒も見ることができませんでした。残念ながらパドック派にとってはグリーンch以外に選択肢がないようです、まあそのグリーンchにしたって満足のいくものではありませんが。

レースの方ですが、3着までの馬達の仕掛けはなかなか見事でしたね。トライアル的な乗り方というよりはこのレースに勝つためのレースをしていたように思います。アドマイヤオーラは早めに動いたサムライタイガースを捕まえにいくような競馬で、ここ二戦の瞬発力だけの競馬とはちょっと違うレース振り。道中アドマイヤオーラをマークしていたドリームジャーニーはワンテンポ遅らせての仕掛け。直線進路を失ったのはもったいないですね。ココナッツパンチは多少馬を動かすのに苦労していた感がありますが、デビュー2戦目にしては、ハマった感があるにせよ、能力の高さを見せてくれました。新馬のパドックで5本脚で歩いていたのが嘘のようですな。サムライタイガースは随分強気に乗っていましたね。この馬は先行して押し切るよりも、先行して瞬発力を活かすタイプの馬だと思います。タスカータソルテはサムライタイガースのような競馬ができればよかったのですが。今年の牡馬クラシック路線のキーワードは”変なレース”でしょうか。これは相当面倒ですよ、本番の予想をするのは。

スポンサーサイト