FC2ブログ

きさらぎ賞 出走馬確定 

う~むこれは。。。
オーシャンエイプスが実績馬2頭相手にどれだけやれるか
というレースになってしまいましたね。
「2戦目に初重賞なら力を発揮できずに終わるかも」
というのを期待したくても、これだけの少頭数になってしまうと
厳しいペースのレースにはまずならないでしょうし、
武騎手ということもあって概ね気分良く直線まで来れるでしょう。
実績馬2頭が割りとしぶとい感じの脚を使う馬ですから
もしキャリアの浅さを期待するなら
G前競り合うようなことになった時でしょうか。

先週のシルクロードSが1.07.8ととても速い時計での決着でしたし、
また開催後半ですからそろそろ京都は
外差し傾向を強めてくるでしょう。
実績馬2頭とも京都芝を得意としない父を持っており、
今週さらに京都らしい馬場となればオーシャンエイプスの
あっさりもそう難しいことではないかもしれませんね。

オーシャンエイプスの母系は1990年に輸入された
祖祖母にあたるリターントゥパリから続くもので、
主な活躍馬はリターントゥパリの仔クリヨンや
祖母であるリターンバンダムの仔ゴールデンキャストです。
目立った活躍をしたのはこの2頭ですが、
一族総じて短距離傾向にあるようです。

この時期の3歳戦はそのレースだけでなく、
これらの馬の将来にも思いを馳せることができる、
これぞ競馬の醍醐味というか
ちょっと他では考えられない良いものですね。


2/11 きさらぎ賞 出走馬

1 アサクサキングス  牡3 四位洋文 56 
2 アドマイヤヘッド  牡3 岩田康誠 56 
3 オーシャンエイプス 牡3 武豊   56 
4 オーシャンクルーズ 牡3 本田優  56 
5 オーソリティバイオ 牡3 武幸四郎 56 
6 クリノアドベンチャ 牡3 幸英明  56 
7 サムライタイガース 牡3 安藤勝己 56 
8 ナムラマース    牡3 ペリエ  57 
9 マルカラボンバ   牡3 川原正一 56 


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://anachronissm.blog88.fc2.com/tb.php/27-c72841b4