FC2ブログ

きさらぎ賞 雑感 

なにか去年の京都新聞杯を思い出させるようなレースでした。あの時は安藤さんと福永騎手がお互いをマークするあまりに藤田騎手にしてやられてましたよね。今回はオーシャンエイプスを巡って三竦みのような感じでアサクサキングスに決定的なリードを許してしまいました。武豊騎手はさすがに最初に動いて捕まえに行きましたが、こういうレースはデビュー2戦目の馬には難しいでしょう。オーシャンエイプスのパドック、騒がれているほどの素質を感じさせるものではありませんでした。予想の段階から春のクラシック路線で勝負になるのはここだけと考えていただけにちょっと残念な結果です。

パドックであまりの良さに感激したのがナムラマース。こういう感じに体重が増えてくるのは良い傾向です。上がりに33.9の脚を使っているとは言えやはり切れるタイプではないと思います。それだけに今回のレース運びが悔やまれますが、こういうタイプは厳しい流れの本番でこそ力を発揮できるはずです。

サムライタイガースは馬名が少し微妙な感じであまり馬券の対象にしにくいのですが、パドックではかなり目につきました。走りそうな馬体のように思えます。この馬にとっては未勝利を勝ったレースと似たようなレース運びになって力を発揮できたのではないでしょうか。この馬の血統からこういうタイプが出てくるという感じが全くしないのですが血統派の方達はこの馬についてどんな見解を持っているのでしょう。

アサクサキングスはパドックでそれほど目に付くタイプではなくまた見栄えもそこそこの印象でした。他に逃げ馬がいたり周りに馬がいればもうちょっと走ると思います。
基本的にこのレースはノーカウントというか、かなりアホなレ-スになってしまったのでタイムの遅さや上がりの微妙なところもあまり考える必要はないと思います。こういうレースが後になって悩みの種になるのでしょうけど・・・。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://anachronissm.blog88.fc2.com/tb.php/36-c791fa1b