FC2ブログ

雲取賞はザマローレル 

自分が競馬を見始めた時に走っていた馬って何か特別に感じるんですよね。私が初めて行った競馬場は川崎競馬場です。その時の最終レースに出ていたのがザマハヤブサという馬で、どういうわけかこの馬とは馬券の相性が良く、何度も死の淵から救い出してくれました(笑)。ザマハヤブサはメリーナイス産駒の先行馬で決め手はないけども粘りでかんばるタイプでした。川崎でのそのレースは直線入り口で見ていたのですが、コースとの距離が近いだけにあの迫力はすごいですよね。ザマハヤブサの息遣いが手に取るように伝わってきて、それは今でも忘れることができません。しかし当時のことですからザマハヤブサがいつ出走するかなんて知ることができず、まさか後にしらさぎ賞を勝つとは思ってもみませんでした。その後ザマハヤブサを見かけることがなくなってしまい、7年後にNRAのデータベースで検索したところ愛知から高知へと転厩して98年に引退していました。好きな馬を作らない自分にとっては一頭だけの思い出の競争馬です。ザマハヤブサが勝った翌年のしらさぎ賞は浦和まで見に行きました。それがまた暑い日でして。ノムラテンカムテキという馬が勝ったのですが、その馬パドックで汗ダラダラで、レースではミスプロ系らしく飛ばして押し切ってレコードだったのですが、その表彰式でオーナーさんもまた汗ダラダラで(笑)、ハンカチで汗を拭き拭きそれは大変そうでした。

雲取賞

前走浦和のニューイヤーカップでまくっていったのとはうって変わり、ほとんど直線だけの競馬で最内から一頭だけ38秒台の上がりを使って突き抜けました。スローペースで先頭のキョウバチャンプから後方のザマローレルまでが固まっていたためにこの馬の決め手を十分に活かせる展開となったのでしょう。また、ブラックムーンが凡走してしまったために、他の出走馬との実力差を際だたせるようなレースになってしまいました。パドックでのザマローレルはニューイヤーカップに引き続き良い状態をキープしているようでした。サクラローレル産駒にしてはずんぐりむっくりした馬体でこういう馬はダートでも走るのでしょうね。対してブラックムーンはあまり良い状態には見えませんでした。東京2歳優駿牝馬のパドックを見ていないのでなんとも言えないのですが、毛艶も今一つで馬体のハリや集中力なども今一歩。とても実績を上げてきた馬には思えませんでした。一叩きしてこれからということでしょう、次走で大きく変わってくるのでしょう。

ザマローレルの牝系は1932年に輸入されたパプース(1928)から続くものです。一族からはこれと言った活躍馬はいないのですが、割と近いところではシタヤロープ(1972)が全日本3歳優駿や黒潮杯などを勝っています。当然私は知っているわけもないのですが、メルボルン二世さんのブログで当時の全日本3歳優駿の記事を紹介されています。メルボルン二世さんの所でここ数日大変楽しませていただいています。昔の写真を見るのは本当に楽しいですね。

ザマローレル五代血統表

ザマローレル

スポンサーサイト



コメント

わざわざお越しいただきありがとうございます。メルボルン二世さんの更新毎日楽しみにしております。こちらこそどうぞよろしくお願いします。

来訪ありがとうございました。

これからもよろしくお願いします。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://anachronissm.blog88.fc2.com/tb.php/43-f11ff174