FC2ブログ

金盃 ボンネビルレコード 

コアレスハンターが37.7とレースでトップの上がりをマーク、とても10歳とは思えない瞬発力ですね。これで来年も希望すれば大井で走る権利を得たそうで、今年は一戦一戦が勝負になるだろうとの心配もよそに一発で決めてくれました。そういえば昔はカリブソングが高齢馬の代表のような存在でしたね。当時9歳、今で言う8歳なんですが、もう引退させてやれだとか虐待だろとまで言われてました。ですからブリーダーズGCを勝った時は中高年の方を中心にかなり話題になっていましたね。しかしその後レースに出走するための調教中に心臓麻痺で急死して、そのことについて競馬ブックで宇田川淳氏が寄稿されたものを私バスの中で読んでいたんですよ。そのくだりで「カリブソングが命を閉じるその瞬間に、今までともに過ごしてきた人の姿が彼の瞳に映っていたことを願ってやまない」。そんなくだりだったと思います。私それを読んで涙が止まらなくなってしまい、バスの中でそれをごまかすのに苦労しました。ハンカチを持っていなかったので鼻水をのばしのばししながら(笑)。来年もコアレスハンターの姿を見られるのはうれしいことですね、やはり競走馬はレースで走っているところが一番輝いていますから。

チョウサンタイガーが逃げるスローペースで、上がりのタイムがほぼ着順という完全に切れ味勝負のレースになりました。これでは普段先行している馬には厳しいレースといえます。マズルブラストにとってはこういうレースは一番まずいでしょう。自分でペースをつくるくらいの機転は欲しかったですね。パーソナルラッシュはチークピーシーズを着けて良績が上がったように記憶しているのですが今日ははずしてきました。元々この馬は切れ味で勝負するタイプではないので例え先行しても苦しいとは思いますが、気難しいという意識が鞍上に強くあったのか、かなり消極的なレースでした。クールアイバーは絶好調ですね、ミスターシービー産駒がOPでしかもダートで走れているのですから大したものです。勝ったボンネビルレコードはスローペースを利して中団から先頭集団を射程圏に入れつつ進み、直線この馬の決め手を存分に活かして抜け出しました。内田騎手とコアレスハンターの山田騎手は本当にうまく乗りましたね。


ボンネビルレコードの牝系は競走馬として輸入された五代母ダイナゴンから続くものです。近いところでの活躍馬は92年に同じく大井金盃を勝ったゴールセイフ(1987 ゴールドレット)。今日の鞍上内田騎手が忘れられない馬として挙げられていますね。なんでも4角まで殿でそこから一気の末脚でゴボウ抜きにしたとかで、そこでなにかを掴んだと回顧されています。

ボンネビルレコード五代血統表



スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://anachronissm.blog88.fc2.com/tb.php/44-f239388a