FC2ブログ

エンプレス杯 

フサイチパンドラが中途半端に走って2着と、まあなんとも言えない結果となりました。この後トウセンジョウオーがネームヴァリューのように帝王賞でも勝てばフサイチパンドラはダートでもいけるとなるのでしょうが、今のところ牝馬路線で精一杯の馬ですし、こなせないことはないけど能力で来ちゃったくらいの評価が妥当でしょうか。これからは当然芝路線でしょうから考える必要もないかと思いますが、交流ダート特に牡牝混合レースに出てきたら限りなく疑ってかかってみることにします。

勝ったのはトウセンジョウオー。13秒台と14秒台のラップを立て続けに出して最後の4ハロンを12秒台でまとめれば逃げた馬とその直後に居た馬以外は勝負にならないでしょう。これが残り3ハロンを12秒台でということならサウンドザビーチあたりも瞬発力を活かせる展開なのですがそこは内田騎手さすがですね、完全に他馬を封じ込めました。この後は船橋のマリーンカップの予定とのこと。

2着にフサイチパンドラ。福永騎手のコメントでは「小回りを気にして行けなかった、悔しい」とのことですが、そもそもこの馬を14.8みたいなしょうもないラップで折り合わせようとすることになにか意味があるのかと純粋に思います。これまでフサイチパンドラに乗り続け、繰り上がりではあるもののGⅠまで勝っているにもかかわらず未だにこの馬の特性を理解していないのであれば馬券を買う立場の人間にとってこんなに恐ろしいことはありません。

3着はサウンドザビーチ。自分でレースを作れないこの馬には厳しい展開でした。内々をロスなくまわってきましたが長く脚を使えないタイプなのでしょうか、瞬発力を求められるようなレースでなら勝機があると思います。

4着レマーズガール。武騎手のコメントでは今日はなぜかいけなかったとのことで、スタートでのことなのでしょうか、どのあたりでの話しかはわかりませんがその通りなのでしょう、引退レースを飾ることはできませんでしたが長い間交流牝馬路線を支えてきた馬ですから繁殖へ行って良い仔を出して欲しいです。

5着ペディクラリス。今日も出遅れ、前回のこともあり、またペースもスローだったこともあって捲っていきましたが、そこからずっと12秒台のラップとなってしまったためさすがに止まってしまいました。この馬は地方に向いているのではないかと思うので一度まともにレースをしてみて欲しいです。


今日の笠松メイン、東海クラウンで金沢のチヨノドラゴンが強い勝ち方で3連勝を決めました。もう重賞を4つも勝っているので驚くことはないのですが、調子が良い内に交流重賞に挑戦して地方ファンを沸かせてもらいたいですね。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://anachronissm.blog88.fc2.com/tb.php/49-9f4a277b